Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... 外国為替










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

UMDコピー 3 

iso_tool test

 今回は「iso_tool」を使ってのUMDコピー方法(ISO吸出し)を解説します。
1導入方法は省略します。
尚、きまぐれblog様のところで「iso_tool」は公開されています。






手順
2吸出しはUMDの容量によって時間が沢山掛かる場合がありますので、
十分に充電をして不測の事態に備えてください。

3吸出しには十分なMSの容量を確保してください。

0

①、何はともあれ「iso_tool」」を起動します。
「iso_tool」は最新のものを利用してください。

1

②、起動したら任意のフォルダー(初期位置はms0:/iso/)に移動してから、
[UMD DRIVE]にカーソルを合わせて○ボタンでUMD MENUを開きます。

2

③、ISO変換、CSO変換のどちらかを選択します。
CSO変換はISOより容量は抑えることは出来ますが、
圧縮する分時間が掛かります。


④、どちらかを選択するとファイル名の入力画面になりますので、お好みの名前を
付けてください(キャンセルするとIDがそのまま付きます)。

3

⑤、開始するかどうか聞かれるので問題なければ「はい」を選択して
開始してください。吸出しには時間が掛かりますのでキャンセルしない
限りは下手に操作しないで暫く待ちましょう。
キャンセルする場合は×ボタンでキャンセルすることが出来ます。

4

⑥、変換完了と出たら○ボタンでメニューを閉じれば完了です。
現在居るフォルダに吸い出したISOまたは、CSOが保存されてますので
後は煮るなり焼くなりお好きなようにして下さい。
(偶にiso_toolのファルダ内に作成される場合がありました。)





もどる

関連記事


web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/03/20 20:00 ] PSP | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://touyatakagiri.blog38.fc2.com/tb.php/1224-33dba2c4


ブログパーツ












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。