Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... 外国為替










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

UMDのコピー2 

 今回はPSP filerを使用します。

主な機能
・ツリー状にファイルを確認できます。
・ファイルのタイムスタンプや属性を変更できます。
・日本語が出ます。
・ISO, CSO, ZIP, RAR の内容確認・展開ができます。
・wav,mp3の再生ができます。
・UMDデバイスのリッピングができます。
・フラッシュメモリの保存・復帰もできます。
・テキストファイルの内容を確認できます。
・バイナリファイルを編集できます。
・BMP,JPEG,PNGファイルの内容を確認できます。
・フラッシュメモリも確認・編集できます。
・ファイル名の変更もできます。




1、PSP filerの導入。
①PSP filerをダウンロード、解凍します。
②解凍したフォルダ内のinstall.txtに沿って
導入します。

ファームウェア1.0:
ms0:/psp/game/ に、filerフォルダをコピーします。

ファームウェア1.5:
ExportPBPなどのツールを使って、filerフォルダを二つに
  分割し、その二つをms0:/psp/game/にコピーします。

カスタムファームウェア:
ms0:/psp/game150/ に、filerフォルダをコピーします。
ms0:/psp/game フォルダが無いと動作しないようです。
   空でもいいのでフォルダを作ってください。

カスタムファームウェアのカーネル3.00以降 (PSP-2000など):
ms0:/psp/game/ に、kernel3フォルダをコピーします。
機能が制限されますので注意してください。
    (kernel3/warning.txtを参照のこと)
問題なければ上の方法でインストールは出来ます。

2、PSP filerでのUMDコピー
①XMBよりPSP filerを起動します。
②起動したら初回起動は言語設定をします。
③△ボタンでメニューを呼び出し、Rボタンの
UMD読み出しを実行します。
④名前設定画面が表示されますので、任意の
名前をつけて決定します。
⑤するとコピーが開始されます。
コピー先はMSルートのISOフォルダにコピーされます。

あとは終わるまでしばらく待ちましょう。



戻る

関連記事


web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2009/04/14 00:11 ] PSP | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://touyatakagiri.blog38.fc2.com/tb.php/374-33c70c1c


ブログパーツ












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。