Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... 外国為替










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ChickHEN Homebrew Enablerを利用して、パンドラ不要でCFWを導入しよう。 

 OFWでも対策基盤以下かつFW 5.03以下ならHENを利用して
パンドラ不要でCFWを導入することが可能です。
※基盤の確認は必ずして下さい。
対策された基盤では実行しないでください。
ブリックして復旧が出来なくなります。


対応PSP
・対策基盤前のPSP
※PSP-2000のTA-088v3以降の基盤、
PSP-3000が対策基盤のため導入できません。

参考つはじめに・・・
確認はPSPidenで出来ます。
・FW 5.03のPSP

導入方法は過去記事を参照して下さい。
Recovery Flasher 導入手順(パンドラなど不要)
ChickHEN Homebrew Enabler R2 リリース

手順として、ChickHENを動作させて、Recovery Flasherから
CFWを導入する。

問題なければCFWを導入出来るかと思います。

以下に詳しい導入手順を記載していますので
参考にでもして下さい。



導入手順

1、用意するもの
ChickHEN Homebrew Enabler R2
Recovery Flasher v1.50
(現在最新のv1.60でうまくいかなかったのでv1.50で説明します)
PSPident
・FW5.00(googleで検索やここにあるかも?)


2、ChickHEN Homebrew Enabler R2の導入

①、ChickHEN Homebrew Enabler R2をダウンロード、解凍します。

②、解凍すると、PHATSLIMフォルダがあるので、
PHATフォルダはPSP-1000、SLIMフォルダはPSP-2000に
各フォルダの中身を、
ms0:/PSP/PHOTO/
にコピーします。
※PHOTOフォルダが無い場合は作成して下さい。

③、解凍したファイルのh.bin
ms0:/(ルート)
にコピーします。
あとは、PSPのフォトからメモリースティックの該当フォルダを
開くだけで動作します。
(下手に動かしたりファイルを開くと上手く動作しません)
ここまでだと上手く動作しないので以下に向上方法を載せます。



ChickHEN Homebrew Enabler R2の動作向上方法
①、PSPの壁紙、テーマを初期(無効)にします。

文字セット
②、設定→本体設定→文字設定を
US(437)に変更します。

この設定をすれば比較的動作率は上がるかと思います。
HEN動作

上手く動作したら上のような画面になり、再起動します。
再起動後、本体情報のシステムソフトウェアが
5.03 ChickHEN R2になれば成功です。
※電源を落とすと元に戻ってしまうので電源は切らないで下さい。




3、PSPidentで基盤の確認
※PSP-1000の場合は飛ばして次の手順に進んでください。
PSP-2000は必ず確認して下さい。


PSP

①、PSPidentをダウンロード、解凍します。

②、解凍したらPSPidentフォルダを
5.03 ChickHEN R2が動作しているPSPの、
ms0:/PSP/GAME
にコピーします。

③、PSPからPSPidentを起動します。
起動すると以下画面が出るので基盤の確認をして下さい。
Motherboard modelの後に基盤が書いてあります。
PSPident

(その際スクリーンショットがms0:/に保存されます)
×ボタンでXMBに戻ります。

 PSPの基盤がTA-088v3以降の基盤はCFWの導入は諦めて、
対策基盤以降のPSP、PSP-3000に対応した、
Custom Firmware Enabler5.03GEN-A for HENの導入をお勧めします。



4、Recovery Flasherを使ってCFWを直接導入
※以下手順はバッテリーを十分に充電して万全の準備をして行って
下さい。下手をするとPSPが壊れたりします。


Recovery Flasherhen

①、Recovery Flasher v1.50をダウンロード、解凍します。

②、解凍したフォルダのRECOVERYフォルダを
5.03 ChickHEN R2が動作しているPSPの、
ma0:/PSP/GAME
にコピーします。

③、FW 5.00を「500.PBP」にリネームして、
MSルートか、RECOVERYフォルダにコピーします。
5.00ハッシュ値
EBOOT.PBP (27,106,965 バイト)
MD5:60AA0356D4C66F589B71CFC9ABC08713
SHA-1:CBD6C11B3C527E9B2878FFD07A307367A0FAC097
CRC32:4300388C


④、PSPのXMBからRecovery Flasherを起動します。

Recovery Flasher menu
メニュー解説は過去記事を参考にして下さい
Recovery Flasher 導入手順(パンドラなど不要)

⑤、起動してメニュー画面が出たら、Target FW:より、
5.00を選択(×ボタンで変更)します。
初期で5.00になっているので他CFWを入れる場合は選択して下さい。

⑥、⑤で選択したCFWを下の
Install M33 CFWを選択し、
次にreset(foemat) settings as well(推奨)を選択したら
インストールが開始されます。

⑦、インストールが完了すると、

All done
Press any button to shutdown・・・・

と表示されるので何かボタンを押すとシャットダウンします。

⑧、電源が切れたらPSPを起動してください。
初期設定が開始されますので指示に従って進めてください。

以上で無事導入できればシステムソフトウェアが
5.00 M33-4になっていることが
確認できたらCFWの導入の完了です。

しかしながら、5.00 M33-4はバグがあるので、5.00 M33-6や
5.50GEN-A にアップデートすることをお勧めします。



もどる


関連記事


web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2009/05/16 11:46 ] PSP | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://touyatakagiri.blog38.fc2.com/tb.php/481-895adfe8


ブログパーツ












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。